被疑者ノート(取調べの記録)の活用について

京都弁護士会では、現在、被疑者・被告人の人権擁護、捜査の適正化を図るため、個々の弁護士が日々の刑事弁護の中で、『被疑者ノート(取調べの記録)』を活用されるよう呼びかけているところです。

pdf 被疑者ノート第二版(PDF形式)

「弁護士会から照会を受けた皆様へ」

弁護士会は、会員弁護士の申請を受けて、官公庁や企業、事業所などに、事実を問い合わせる、照会(弁護士会照会)を差し上げております。下記のページでは、弁護士会が差し上げる照会について、その概略をご説明申し上げます。是非、趣旨をご理解頂き、照会を受けた場合には、ご回答下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
http://www.nichibenren.or.jp/activity/improvement/shokai.html