京都弁護士会行事予定のご案内
京都弁護士会行事予定のご案内
2017/4/16「共謀罪の制定を阻止する市民集会in京都」のご案内
2017/3/17「司法修習生の採用に関する説明会」のご案内(企業、自治体、ロースクール向け)
武井咲さん広報CM/「突然の崖」篇を公開しました。
2017/2/4第21回「法律援助を広げる市民のつどい」のご案内
「女性弁護士による女性のための無料電話相談」(試行延長、2017年1月から3月)のご案内
労働無料相談やってます!(常設)
(京都府丹後地域にお住まいの方へ)与謝野相談所を常設化します!!
 
 
2017/4/16「共謀罪の制定を阻止する市民集会in京都」のご案内 

政府は、テロを防ぎ、東京オリンピック・パラリンピックを開催するため必要だとして、「テロ等組織犯罪準備罪」を国会で成立させようとしています。しかし、その実態は、過去に3度も廃案になった共謀罪にほかなりません。共謀罪は、実行しなくても相談しただけで処罰しようという法律です。ひとたび犯罪の計画があると疑われると、誰でも盗聴されたり、逮捕されたりする可能性があります。いつ、どこで、誰に監視されているかわからない、そんな不安な毎日を送りたくありません。こぞって円山に集い、ここ京都から、私たちの自由を守る声をあげましょう!

日時:2017年4月16日(日)13:30~15:00
      (開場12:30,解散予定17:00)
場所:円山公園音楽堂(京都市東山区円山町)
      *公共交通機関でお越しください。
      交通アクセス:市バス「祇園」下車徒歩5分
      京阪「祇園四条」から徒歩10分
      阪急「河原町」から徒歩13分
      地下鉄東西線「東山」から徒歩15分

講師:海渡雄一さん
        (弁護士、日弁連共謀罪法案対策本部副本部長)
        高山佳奈子さん
          (京都大学教授、共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明呼びかけ人)ほか。
        各政党、各界からのアピールも予定。


*横断幕、プラカード等は当会で用意します。
*申込不要、参加費無料、雨天決行
*荒天の場合は中止になることがあります。
*手話通訳を希望される方は、4月3日(月)までに、FAX075-231-2373などにより当会へご連絡ください。

主催  京都弁護士会(お問い合わせ:075-231-2378)
共催  日本弁護士連合会

チラシはこちら→[ダウンロード](.pdf 形式)

 
2017/3/17「司法修習生の採用に関する説明会」のご案内(企業、自治体、ロースクール向け) 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
  さて、このたびは、司法修習生を企業内弁護士、自治体内弁護士等として採用して頂くためのご案内をさせて頂きます。
  司法修習生は、法科大学院(ロースクール)を卒業後、司法試験に合格し、現在法律実務の修習をしている法曹の卵であります(本年12月に修習修了予定)。リーガルマインドを持ち合わせ、企業の法務、コンプライアンス強化にも応えるものと存じます。
  当会では、昨年4月に企業様向けの司法修習生採用情報説明会を開催し、そのご縁で実際に修習生の採用に繋がりました。今年も、まず3月17日(金)に「採用ご担当者向けの説明会」を実施させて頂き、ご検討・ご準備を頂いた上、5月13日(土)に、採用予定企業、自治体、ロースクールと司法修習生を集めて「採用情報説明会」(いわゆる就職説明会)を開催する予定です(法律事務所の参加はなく、企業、自治体、ロースクールのみのご参加で開催します)。この機会に、是非、弁護士資格のある人材の採用をご検討下さい。
                                                                                              
【採用担当者向け説明会】(今回のご案内)
日時 2017年3月17日(金)午後3時~5時
場所  京都弁護士会館
内容  採用ご担当者様向けに、企業内弁護士、自治体内弁護士等の採用のあり方について当会ワーキングチームよりご説明し、ご質問等を受け付けます。

【司法修習生への採用情報説明会】(今後の企画)
日時  2017年5月13日(土)午後1時~4時(予定)
場所  京都弁護士会館(予定)
内容  採用予定企業、自治体、ロースクールに参加して頂き、司法修習生へ採用情報の説明をして頂きます。
法律事務所は参加しません。

お申し込みは下記のデータをダウンロードの上で、FAX 075-223-1894 へお願いします。
[ダウンロード](.pdf 形式)

 
武井咲さん広報CM/「突然の崖」篇を公開しました。 

武井咲さんを起用し、弁護士が日常の中において身近で頼りになる存在であることを広く知ってもらうための広報CMです。

CM動画はこちら


 
2017/2/4第21回「法律援助を広げる市民のつどい」のご案内 

経済的・社会的に弱い立場にあるために裁判などの手続きができずに困っている人に、京都弁護士会が援助をし、市民の人権を守る「人権救済基金」という制度があります。この制度を、もっと多くの市民に知って頂くため、第21回「法律援助を広げる市民のつどい~市民の裁判を受ける権利を守るために~」を開催します。
内容は以下の通りです。制度の説明や事件報告の他に、日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員長  津久井進氏の「大災害の備えと支援」と題した講演や、ジャズピアニストによるミニコンサートも予定しています。
■日時■
2017年2月4日(土)午後1時30分~午後4時(午後1時開場)
■場所■
京都弁護士会館地階大ホール(京都市中京区富小路通丸太町下ル)
■内容■
・人権救済基金等についての説明
・人権救済基金利用者からの報告
・ミニコンサート  河野康弘さん
・講演  津久井進氏「大災害の備えと支援」

チラシはこちら→[ダウンロード](.pdf 形式)

 
「女性弁護士による女性のための無料電話相談」(試行延長、2017年1月から3月)のご案内 

無料で女性弁護士の法律相談が受けられます。すべて女性弁護士が相談を担当しますので、離婚やセクハラ・マタハラなど、男性には話しづらい悩みも相談できます。相談内容は何でも構いません。

下記の相談専用番号まで、お気軽にお電話ください。


実施期間
  2017年1月~3月までの毎週月・水・金曜日(ただし、祝日は除く。相談実施日は裏面のとおり)

受付時間
  月曜日: 正午~午後3時
  水曜日: 午後2時~午後5時
  金曜日: 午後3時~午後6時

対 象 者
  女性に限ります。男性の方はご遠慮ください。

相 談 料
  無料。ただし、相談中の通話料は相談される方のご負担になります。

相談専用番号
  075-231-2355(1回線)。ただし、相談実施日以外はつながりません。

相談時間
  1件あたり、20分から30分程度。

お問合せは、075-231-2378(受付時間:月~金 午前9時~12時、午後1時~5時) まで。

案内チラシはこちら→[ダウンロード](.pdf 形式)

 
労働無料相談やってます!(常設) 

労働無料相談やってます!

★些細なことでも構いません。働く条件・環境について、疑問を感じた方はぜひご相談下さい。
★「夜間相談」ですので、お仕事帰りにご相談いただけます。
★対象となるのは「労働者の方」のご相談です。
※「使用者の方」につきましては、京都弁護士会ひまわりほっとダイヤルにて無料相談を実施しておりますので、そちらをご利用ください。
相 談 日:毎週金曜日(週1回、祝日を除く)
相談時間:午後6時から午後8時30分(お一人30分以内)
相談場所:京都駅前法律相談センター(ヨドバシカメラ南側  山崎メディカルビル6階)
予約方法:電話(075-231-2378)でご予約下さい(月~金: 午前9 時~12 時、午後1 時~ 5 時。但し年          末年始、祝日を除く)
相談対象:労働者からの労働問題に関するご相談
          (相談後、担当弁護士に事件の処理を依頼することが出来ます)

チラシ[ダウンロード](.pdf 形式)

 
(京都府丹後地域にお住まいの方へ)与謝野相談所を常設化します!! 

京都弁護士会では、宮津市内、京丹後市大宮町内に丹後法律相談センターを設置し、与謝野町内に与謝野相談所を開設しています。

この相談センターの特徴
1.1回の相談時間は40分で、ゆっくりとご相談いただけます。
2.相談を担当した弁護士に継続相談をしていただくこともできますし、直接受任を依頼することもできます。
3.相談は有料(5,400円)ですが、法テラスの指定相談場所となっており、収入等が一定額以下の方は無料でご相談いただくことができます(ただし、同一案件3回まで)。
4.いずれの相談所も週1回開催しているので、緊急時もすぐにご相談いただけます。
5.弁護士会が設置する相談センターですので、安心してご相談いただけます。

2016年4月~2017年3月の相談日は、別紙案内チラシのカレンダーのとおりです。

案内チラシは→[ダウンロード](.pdf 形式)




バックナンバー


”市民の皆様の参加をお待ちしております。”

ご不明な点はお気軽に当会にお問い合わせください。

TEL:075-231-2337



戻る


(C)copyright'99 KyotoBengoshi-kai.All rights reserved.