京都弁護士会とは

弁護士会の五箇条

京都弁護士会は、基本的人権の擁護と社会正義の実現のために様々な活動を行っております。
  1. 1.京都弁護士会は、市民に開かれた、頼りがいのある弁護士会を目指します(きめ細やかな法律相談・弁護士紹介・法教育・講演・中小企業支援等)
  2. 2.京都弁護士会は、権利を擁護します(消費者・子ども、女性、刑事、高齢者・障がい者などの問題への果敢で先進的な取り組み)
  3. 3.京都弁護士会は、歴史と伝統ある京都とともに歩みます(明治26年創立。伝統産業への法的サービス)
  4. 4.京都弁護士会は、新しい知識の習得と研究を怠りません(旧きを温めつつ、新しきを知る。大学との学術協定・大学への実務家派遣)
  5. 5.京都弁護士会は、持続可能な社会を目指します(公害対策・環境保全活動・KESの取り組み)

弁護士会の組織体制

京都弁護士会の場所 〒604-0971 京都市中京区富小路通丸太町下ル
京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 5番出口上がる
京都市バス「裁判所前」バス停下車 京都地方裁判所南東角
京都弁護士会連絡案内 事務局受付時間 平日午前9時~午後5時
電話 075-231-2378
設立年月日 1893年(明治26年)5月14日
(法人成立年月日 昭和24年11月26日)
会員数 会員732名
法人会員32名(2016年4月1日現在)
2016年度理事者

会 長 浜垣 真也
副会長 後藤 真孝
副会長 小川 顕彰
副会長 大倉 英士
副会長 松浦 由加子

2016年度委員会 2016年度委員会一覧はこちら
委員会活動紹介ページ 両性の平等に関する委員会
消費者保護委員会
民暴・非弁取締委員会
犯罪被害者支援委員会
情報問題委員会
法教育委員会
憲法と人権を考える集い実行委員会
司法修習費用給費制維持緊急対策本部
遺言・相続センター運営委員会
人権救済基金運営委員会

会長のあいさつ

会長 浜垣 真也(はまがき しんや)

kaityou

 2016年度の京都弁護士会の会長を務めます浜垣真也です。今年度の最終月ですので、1年間の主な活動をまとめてみました。

1.自衛権と安保法制
 京都弁護士会は、2015年度の活動を継続的に発展させるべく、繁華街である四条河原町での街頭演説を2016年度も行い、同年7月29日には安保法制廃止のシンポジウムを開催し、パレードをしました。同年9月22日は安保法制施行1年目のこの時機を選び、円山公園野外音楽堂において、伊勢崎賢治東京外大教授を迎え、市民大集会を主催しました。祝日で大雨の中、2100名の市民が参加し、傘の花が開きました。そのあと、雷注意報も出ていましたが、京都市役所を終点とするパレードにも大半の市民にこのまま加わってもらいました。

2.いじめ問題に対する取組
 そのようなマクロの問題と同時に、京都弁護士会が毎年市民向けに行っている「憲法と人権の集い」という活動の46回目のテーマとして、子どもを守るためにできることとしていじめに向き合うことを取り上げました。経験の豊富な弁護士でもあった越直美大津市長らを講師として招き、2017年1月21日にKBSホールで催しました。学校でのいじめを中心に、その原因や実態を学ぶとともに、その予防策や解決策などを考えました。

3.共謀罪反対活動
 2016年8月、同年12月及び2017年1月と3度にわたり、共謀罪の制定に伴なう市民の人権侵害の危険につき声明を出しました。処罰の適用範囲を当初より絞るとしても、話しに加われば直ちに処罰されかねない危険は変わらないと思います。同年4月16日には、市民大集会を行います。

4.冤罪と死刑問題
 2017年2月25日、商工会議所ホールをお借りして、冤罪と死刑について理解してもらうべく、映画上映等をしました。無実の人に対して、特に死刑については、執行されてしまうととり返しのつかないことになります。日弁連は、2016年10月7日、死刑廃止宣言をしました。弁護士の中でも死刑廃止については、慎重論も少なくありません。個人個人の社会に対する見かた・考えかたにも関わる問題であり、被害者・遺族の思いと救済を念頭に置きつつ、さらに議論を深めてゆきたいです。

5.弁護士会館以外での法律相談
 京都市営地下鉄京都駅のコトチカ広場で、2016年8月と2017年3月に無料法律相談を実施しました。道行く人が気軽に法律問題を聞けるということで、当初はプライバシー等の心配はありましたが、蓋を開けると大入り満員御礼となりました。上記2回目のときは、地元の珈琲店の賛同を得て無料のコーヒーのサービスも付きました。今後の活動形態の一つのリーディングケースになるかもしれません。

(2017年3月7日記)

理事者だより(副会長 松浦 由加子)

副会長 松浦 由加子(まつうら ゆかこ)
fukukaityou


2016(平成28)年度京都弁護士会副会長の松浦由加子です。
私が担当している、第46回憲法と人権を考える集い「~いま、いじめに向き合う~子どもを守るためにできることって何だろう?」というイベントについてご紹介したいと思います。
まず、大津市長の越直美さんに「大津市のいじめ問題に対する取り組み」、ストップいじめ!ナビ副代表理事の須永祐慈さんに「いじめの実態―いま冷静にみてみる」という講演名で、それぞれご講演いただきます。そして、このお2人に、京都市の元中学教諭で現大津市教育委員会教育長の桶谷守さんに加わっていただき、いじめ問題を考えるパネルディスカッションを行います。
日時は、2017(平成29)年1月21日(土)午後1時15分~。
場所は、KBSホール(京都市上京区)です。
最近の取り組みをご紹介するとともに、わかりやすく、しかし深い議論を目指しています。

事前申込不要、入場無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

 

(2016年12月12日記)

理事者だより(副会長 大倉 英士)

副会長 大倉 英士(おおくら ひでし)
fukukaityou


2016年度京都弁護士会の副会長を務めさせていただいております、大倉英士です。
4月から始まった役員としての活動も10月を過ぎ、任期の折り返し地点を過ぎました。
わずか半年ではありますが、当会は、法律問題・社会問題に関する数々の意見書や声明を出し、シンポジウムや集会等を開催してまいりました(詳細は、当会ウェブサイトのメインページをご覧ください。)。そうした活動を通じ、たくさんの市民の皆様から、弁護士会の果たす役割に大きなご期待をいただいていることを実感しております。
また、役員として、弁護士会の行うさまざまな活動をあらためて俯瞰する立場に立たせていただき、個々の弁護士が、日々、人権擁護と社会正義実現のために努力・邁進する姿を見て、刺激を受ける毎日です。
私も、微力ながら、個々の弁護士がその能力を遺憾なく発揮できるよう、環境整備のために創意・工夫を続け、残り半年ではありますが、当会がさらに市民の皆様からのご期待に応え、ますます信頼いただける組織となるよう取り組んでまいりたいと考えております。
なお、今秋11月25日、近畿弁護士連合会の人権擁護大会が京都で開催される予定です。
その大会では、立憲主義の堅持を求める決議、再生可能エネルギーを促進し、脱原発政策を求める決議が採択される予定となっています。当会も、開催地の弁護士会としてこれら2つのテーマに取り組み、情報発信していきますので、ご注目いただければ幸いです。

 

(2016年10月13日記)

理事者だより(副会長 小川 顕彰)

副会長 小川 顕彰(おがわ あきら)
fukukaityou


2016年4月1日から京都弁護士会副会長を努めさせていただいている、小川顕彰です。

本年7月には、公職選挙法が改正による選挙権年齢が18歳に引き下げられてから初めての参議院選挙と東京都知事選挙が行われました。
これらの選挙を巡るマスコミ報道はまさに玉石混淆であり、主権者の皆様には選挙権行使のために情報の取捨選択をしていただく必要があったかと存じます。

ところで、京都弁護士会では、9月17日に主権者教育に関するシンポジウムを京都大学益川ホールにおいて開催します。
将来主権者となっていく学生及び生徒の方々だけでなく、保護者の方や一般市民の方にも是非参加していただき、国民主権とは何なのかについて再度確認をしていただければと思います。

国内に目を向けると政治的課題は山積みですし、国外に目を向けると世界各地での大規模なテロの発生や安全保障上看過し得ない事象も多発しているのが現状です。
国民が主体的にこれらの課題に取り組める環境を維持するために、京都弁護士会としては、是々非々で取り組んでいきたいと考えておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

(2016年8月24日記)

理事者だより(副会長 後藤 真孝)

副会長 後藤 真孝(ごとう まさたか)
fukukaityou


2016年度の副会長に就任しました後藤真孝です。
4月1日から1年間副会長を務めさせていただきます。
弁護士は、弁護士法上、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とするとされています。この使命を全うし、弁護士が、頼もしい権利の護り手であるとともに、信頼しうる正義の担い手たるには、個々の弁護士の意欲と活力が必要です。
しかしながら、弁護士業界は、司法改革の推進とともに以前と様変わりしており、必ずしも個々の弁護士が意欲と活力を十分に発揮できる環境にあるとはいえない現状です。
このような状況のもと、弁護士会は、個々の会員がそれぞれ弁護士の使命を実現しやすい環境を整えるべく、積極的に活動する必要があります。
弁護士・弁護士会が、その使命と責務を十分に自覚し、今後も皆様に信頼いただける存在であり続けるため、微力ながら、弁護士会の発展に尽力をいたす所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(2016年4月1日記)

意見・声明

意見書
決議
会長声明
提言
活動報告

アクセス

もっと詳しく

〒604-0971
京都市中京区富小路通丸太町下ル

京都弁護士会動画チャンネル